婚活 コラム

40代女性の結婚・婚活・お見合いのコツ

結婚 保険

40代での初婚を目指す女性たちは初婚がゆえに、夢や希望に満ち溢れていることでしょう。
ですが40代の特に女性は婚活市場では非常に厳しい立場にあります。
ここに書く現実は、受け入れるにはつらいものかもしれませんが、是非ともこの事実をより良い婚活のために参考にしていただきたいと思います。

20代、30代でモテた自分は忘れよう

40代で初婚を目指すような女性には特徴があります。
それは美人だったり、スタイルが良かったりで、20代、30代の時にモテていたであろう女性だということです。「モテていた。」と過去形にしたのは、「40代では自分が思っている以上に容姿が衰えている。」ということに気づいて欲しいからです。

「え、でも私は若く見られるほうだから。」と、思っている方もいっらっしゃいますが、「四十ウン歳よ。」と言ったときに、「えー、見えないー。若いですねー。」と反応が返ってくるのは40歳相応の外見だからです。

本当に若い人に対して、「若いですね。」とお世辞は言いません。
私も、私の周囲の人間も、実年齢を周囲に教えると、だいたい「年齢より若く見えますね。」という社交辞令が返ってくるという体験を何度もしています。

それくらい「若いですね。」は、当てにならない言葉なのです。

さらに、「40代の今でも、私、モテてるわよ。」と、思っている方もいらっしゃいますが、実際には、性的対象として見られているだけで、結婚相手として見られていない場合もあります。
若い女の子は場数も踏んでないし、物分かりも悪そうだから、経験豊富な30代、40代女性に声をかけて、あとくされのない性的関係を持ちたいと望む男性たちも残念ならが存在するのです。

関係を持った後で、「遊びだったのね!」となっても、失った時間は戻ってきません。
本気で結婚を望んでいるなら、相手の年齢、容姿、収入などは過去の自分より妥協して検討することが賢明だと言えます。

20代、30代で外見の良さで、いい思いをした女性たちは大抵、その頃と同程度の特別扱いを求める傾向にあります。ですが、自分が思っている以上に40代女性は婚活市場での価値が低いということを自覚する必要があります。

  1. 次へ

2ページ中1ページ目を表示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップに戻る