婚活 コラム

結婚するならこんな男性

理想の男性像

私自身の経験から考えても、私の周囲の女性たちについても、ステディな彼氏や結婚相手(夫)に男らしく立派であってほしいという気持ちが強い女性ほど破局の道へまっしぐらに向かう傾向にあります。

男性のどんなところを見て結婚相手を決めるべきなのでしょうか?

  1. おごってくれるとかくれないとか
  2. プレゼントをくれるとかくれないとか
  3. サプライズをしてくれるとかくれないとか
  4. 甘い言葉をささやくのがうまいかそうでないとか

そういった目先の損得や優越感で結婚相手を選ぶと
良い相手を見つけることはできないような気がします。

表面的なことしか見ない女は捨てられる

何故かというと、うがった見方をすれば男性にとっては

  1. ・おごってやれば落とせる女
  2. ・プレゼントをしてやれば落とせる女
  3. ・チヤホヤしておけば落とせる女

つまりデートマニュアルどおりに扱えば、簡単に落とせる女すぎないわけです。

世の中には女を落として肉体関係まで持ち込むことだけが目的の男性もいますから
目先の損得で浮かれていると、安く見られて捨てられるのが落ちです。

では男性のどこを見ればいいのでしょうか?

高級なレストランに連れて行ってくれなくても
ファミレスであなたの注文した品が先にとどいたときに
「冷めないうちに、先に食べて^^」と言える人か?

車で送り迎えしてくれなくても、電車の切符を買うときに後ろの人を気遣って
早めに小銭を出す人か?

一緒に行ったラーメン屋の帰り際に、お店の人に笑顔で
「ごちそうさま!」と言える人か?

お店が混んでいてウエイトレスが
なかなか注文を取りに来てくれなくてもイライラしたりせず
「忙しくて大変そうだね(^▽^;)」
と、一所懸命働く人の姿をねぎらってあげられる人か?

そういった些細な行動にこそ、その人の本質が出るのです。
大げさな愛情表現はいくらでも計画して演技できます。

ですが、計画できない無意識の、ふとした瞬間にこそ
その男性の誠実さや優しさが、傲慢さやワガママさが端的に現れるのです。

まとめ

あなた自身が目先の損得で相手を品定めするような人間であれば
相手の男性もまた、あなたのことを目先の損得で品定めしているでしょう。

婚活に関して流される情報の大半は
「相手を落とすテクニック」に終始していますが
恋愛テクニックを駆使して落とした相手と
その先に何が待っているのだろうと考えてしまいます。

用はお互いに恋愛テクニック=演技で結びついた関係なわけですから
その化けの皮がはがれたときに修羅場や別れが待っているとしか私には思えないのです。

>>人気結婚相談所ランキングを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
ページトップに戻る